TATTU swift pro 12S1P 44.4V 22000mAh 25C 快速充電インテリジェントバッテリー
Hot

TATTU swift pro 12S1P 44.4V 22000mAh 25C 快速充電インテリジェントバッテリー

  • モデル: QA0107
  • 重量: 7.5kg
  • 在庫数: 29
  • メーカー: TATTU

Price:   $699.00

Quantity Unit Price Save
5-10 $625.00 11%
11+ $605.00 13%

この製品を買うと、 1398 ポイントを獲得できます


  • 製品紹介
  • 評価
  • FAQ

発送方法について:

バッテリーは特殊な商品なので、配送方法も送料も違います、バッテリーの配送方法はGSEXしかありませんから、バッテリーは単体で発注することをお勧めします、
もし、他の商品をまとめて発注する場合、配送方法はGSEXしか選択できません、GSEXの送料は他の方法より高いですから、バッテリーは他の商品と一緒ではなく、単体で発注することをお勧めします。
お客様にはご不便をお掛けいたしますが、ご理解賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
発送について、もし何かご不明な点がございましたら、いつでもご連絡ください。

 

 

TATTU swift pro 12S1P 44.4V 22000mAh 25C 快速充電インテリジェントバッテリー

推奨の充電器:EV-PEAK U6Q 4CH 12S-14S 50A 2400W インテリジェント充電器、急速充電可能です。

製品仕様:
商品ブランド:Tattu PRO
商品モデル:Tattu PRO 12S1P 44.4V 22000mah 25C快速充電バッテリー
標準容量:22000mAh @ 0.2C放電
最小容量:21450mAh @ 0.2C放電
標準電圧:44.4V
開回路電圧:49.8~50.4V(Cell 4.15~4.20V)
内部インピーダンス:≤25mΩ
寸法: 174x 117 x 238mm
重量:約6400g
標準充電:11A CC(定格電流)50.4Vまで充電、その後CV(定電圧50.4V)充電電流が≤0.02C以下になるまで充電
標準充電時間:3時間(参考)
急速充電:定格電流55A、定格電圧50.4V、充電電流が≤0.02C以下になるまで充電
急速充電時間:0.5時間(参考)
標準放電:定格電流11A 終止電圧42V
最大放電電流:定電流100A

商品特徴:
1.インテリジェントバッテリーインジケーター
BMSは4つのLEDを設計しています。8レベルでバッテリーの電量を示します。スタンバイ状態、放電状態、充電状態のバッテリー電量を表示します。
2.バッテリー寿命インジケーター
バッテリーがオフになっている時、ボタン5Sを長押しすると、LEDがバッテリーの残り寿命を表示します。
3.充電インテリジェントアラーム:
過充電、過放電、過熱、過電流時に警告。 白色のステータスライトと赤色のステータスライトの両方が点灯して警告します。
4.低電圧警報、電圧差警報
5.インテリジェントストレージ機能
5日以上使用しない場合は、電池の電量を40〜70%まで放電して、バッテリーの寿命を延長します。 満充電の状態で保管されている場合、バッテリーは自動的にインテリジェントストレージ機能を起動します。

 

注意事項
リチウムイオンポリマー電池の分解・改造は、おこなわないで下さい。
取扱いを間違えると、火災や怪我の危険性があります。
リチウムイオンポリマー電池を使用するにあたり必ず正しい取扱い知識をお持ち下さい。
万が一、怪我をしたり火事などになられてもに当社は、責任を負いません。
リチウムポリマー電池の危険性を十分に理解し自己責任で使用されることが前提条件です。

バッテリは長時間使用しないとき、セル自体の自己放電の特性がありますから、過放電によるバッテリの損傷を防止するために定期的(2-3か月)に追加充電してください、セルあたり3.7V- 3.9Vの電圧で保管してください。


*充電について
必ずリチウムイオンポリマー電池に対応した充電器を使用して下さい。
バッテリーの種類・セル数・電流の設定を絶対に間違えないようにして下さい。
(設定方法は各充電器の説明書を御参照下さい)
設定が正しい充電の場合でも、各セルの電圧のばらつきにより発火する場合があります。
充電は、燃えやすいものや引火しやすいものが近くにない場所で、目を離さず行って下さい。
過充電の火災に備えて消火器等を備えて下さい。
※リチウムは、燃焼中液体となり水より比重が軽いため通常の消火薬剤では消火できません。

*充電中にリチウムポリマーバッテリーが膨れ始めたら>
直ちに充電を中止してください。更に充電し続けると爆発します。
リチウムイオンポリマーバッテリーを外して安全な場所で様子を見て下さい。
充電方法については、十分な知識を持ったうえで取扱説明書に基づいて行って下さい。

*放電について
リチウムイオンポリマー電池には、メモリ効果がないため放電無しで追加充電するのみで使用できます。
過放電は、バッテリーを痛めるだめでなく使用不可能な状態になります。
使用後にスイッチを切っても微弱電流が流れます。この状態で数時間放置すると過放電になります。
使用後は、コネクターを必ず抜くようにして下さい。

*御使用について
リチウムイオンポリマー電池ごとに、放電電流(最大電流、通常電流)が決まってます。
指定の放電電流を超えて電流を流すと爆発する危険性があります。
モーターやプロペラ等との組合せには、十分に気をつけて下さい。
電流計(クランプメーター等)を使用して使用時の電流を計測することをお勧め致します。
リチウムイオンポリマー電池は、使用していると各セルの電圧にばらつきが出てきます。
セルにばらつきのあるリチウムポリマー電池では、過放電、過充電の危険があります。
数10サイクルに一度、リポバランサー等で各セルの電圧を揃えることをお勧めします。
※衝撃による破損にも気をつけて下さい。

*保管方法について
充電容量約50〜80%の状態で保管するのが良いと言われています。
満充電状態で保管しますと電圧が上昇する場合があるため電池が膨らみ使用不可能になります。

長期間の保管(25日を超える期間)の時は、セルあたり3.7V 3.9Vの電圧で保管してください、電圧はこれ以上の場合はセルあたり3.7V 3.9Vになるまで放電して保管してください。
バッテリは長時間使用しないとき(3か月以上)、セル自体の自己放電の特性がありますから、過放電によるバッテリの損傷を防止するために定期的に追加充電してください、セルあたり3.7V 3.9Vの電圧で保管してください。

*廃棄方法について
塩水に2〜3日漬けて完全に放電させてから「燃えないごみ」として廃棄して下さい。
※リチウムイオンポリマー電池自体に有害物質は入っておりません。

*保証について
コネクターの交換やケーブルの切断や本体の改造や分解は、いかなる製品も保証対象外です。
リチウムイオンポリマー電池をお求め前に、テスター等で電圧チェックすることをお勧めします。
※電圧チェック時、コネクター取付作業時には、ショートさせないよう充分気を付けて下さい。



リチウムイオンポリマー電池を安全に使用するのは、御購入者様の自己責任です。
弊社は、御購入後に起こるいかなる対人・対物事故、損害、破損等について一切責任を負いません。

Similar Products